2017年大晦日。

Category : グレーバンドキングスネーク
171231グレーバンド

2017年も残すところ数時間となりました。
今年も当ブログを見に来て下さりありがとうございました。
今年を振り返ると、育児に右往左往し続けた1年になりました(笑)。
必然的にヘビの飼育にかける時間と手間が少なくなり、繁殖も散々な結果でした。
2018年は、私自身にとって一大事となるであろう事由が、年明け早々に控えています。
益々頑張ってまいります。

スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

サンタも私も忙しい。

Category : ヌエボレオンキングスネーク
171225サイエリキング

今年のクリスマスは色々と忙し過ぎて、クリスマス仕様のヘビ写真は撮れませんでした。
年が明けても暫くは、忙しい日々になりそうです。

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

モザイク。

Category : カリフォルニアキングスネーク
171215カリキン
【B&W Mosaic California Kingsnake】

モザイクカリキン。
背部に白い点があるモザイクチップと言われている品種同士を交配させると、25%の確率でスーパー体がこのモザイクになるらしい。
所謂、共優性…最近は優性を顕性と表現するらしいので、共顕性遺伝になるのでしょうか(笑)。
兎に角プラチナやブラントハイポでこの模様が欲しいのですが、ほぼ入手困難と思い自分で作ってみます。
道のりは遠いです(笑)。

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

アザンカリキンの話と明日は東レプ。

Category : カリフォルニアキングスネーク
171201カリキン
【Het Platinum California Kingsnake】

このカリキンはプラチナとヘテロプラチナの交配で今年生まれた自家産個体です。
とんぶり市にも出品していました。
この個体、何の変哲もないB&W、所謂デザートフェイズのバンデッドにしか見えない表現ですが、ちょっと興味深い個体なのです。何が興味深いかというと、雌なのに白色部が真っ白なのです。

171201カリキン2
(腹面から見ると分かりやすいかなと思いましたが、比較対象となる個体がいなかったです。)
通常、B&Wの雌は白色部が黄色味がかることが一般的です。
私はいつもB&Wの雌雄当て(判定ではありません)を、その黄色味で当てているのですが、今回初めて外しました。
そして、詳しい人にお見せしたら「アザンティック」かもとのことでした。
アザンは都市伝説的にいないものだと思っていましたが、どうやら存在するらしいです。
そう言えば、購入時の表記には「ラベンダーヘテロアザンティック」とされていました。
元々白黒のカリキンではアザンが分かり辛いことや、検証する人が少ないことから、日の目を見ることも無かったのでしょう。
今後は、どこまで出来るか分かりませんが、取りあえず検証してみようかなと思います。

兎に角、明日は「東京レプタイルズワールド2017冬」へ遊びに行ってきます(笑)。

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

プロフィール

ぶらう

Author:ぶらう
主にヘビです。

Home Page
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR